食事療法が高血圧を緩和する方法|健康エブリディ

医者と野菜
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ

ホルモンを補充する

野菜

更年期障害の改善を図っていく方法として、ホルモン補充療法が効果的であると言えます。更年期障害の症状によって、だるさがキツイと感じるようになったら、医院で受けておくと良いでしょう。

症状を知ろう

医者

睡眠中に呼吸が何度も止まる睡眠時無呼吸症候群は、熟睡をさまたげるため日中の耐えがたい眠気や集中力の低下を引き起こし、居眠り運転の原因になったりします。この病気は生活習慣病と深いかかわりがあるので、思い当たれば改善の努力をしていきましょう。

食事療法による高血圧対策

高血圧は食事療法で改善できますよ。食事制限が難しい場合はこちらでおすすめの宅配業者を紹介しています。

十分な時間眠っていると思っても、気づかない内に睡眠が妨げられていることがあります。睡眠時無呼吸症候群の悩みは専門家に相談しましょう。

高血圧となる原因

血圧とは血管の中を流れる血液が血管壁に与える圧力のことをいいます。血圧がずっと高い状態が続くと動脈硬化をまねき、脳卒中や心臓病などの疾病を引き起こしやすくなります。血圧を上げる原因としては、食塩のとりすぎがあげられます。これは体内のナトリウム濃度を調整するため体内に水分を蓄えてナトリウム濃度を調節しようとして、その結果血圧が上昇します。体重が増えると心臓から送られる血液の量が増えるため結果として血圧が上がるので、肥満も高血圧の原因となります。時には食事療法が必要となります。また肥満は心臓への負担も大きくします。精神的ストレスも高血圧の原因となります。タバコに含まれるニコチンも血圧を上昇させる原因となります。またタバコは動脈硬化を促進させます。

食事療法について

高血圧の対策として食事療法が挙げられます。食塩の取り過ぎは血圧を上昇させるので、減塩を心がけることが大切です。干物や漬物など食塩を多く含む食べ物は控え、麺類のつゆは飲まないようにします。しょうゆやソースなどの調味料を使用する量は控えましょう。また肥満は高血圧につながるので、お菓子や揚げ物などの油脂の取り過ぎによるエネルギーの取り過ぎに注意することが必要です。早く食べることもエネルギーの取り過ぎにつながるため、ゆっくり噛んで食べることが必要です。特に食事療法中の時には、外食をする時に注意が必要です。食事療法だけでなく、アルコールを摂取すると血管を広げるので血圧を下げる効果がありますが、飲みすぎると逆に血圧を上昇させることになります。

ピックアップ

ホルモンを安定化する

看護師

年齡を重ねていくに連れて、ホルモンのバランスが安定しなくなります。動悸や暑さを感じたり、また、イライラするといった症状など更年期障害のような症状が表れます。サプリで改善を図ることが必要になります。